失敗しない販売管理システムの導入

システムを自社の業務内容とマッチさせる

機械工具商の場合、一般に各社ごとの複雑な業務フローに基づいて日々の業務が行われています。

販売管理システムの導入で最も多い失敗するケースとして、自社の複雑な業務フローにシステムを合わせようとして、過度なカスタマイズを行ってしまう点にあります。

販売管理システム導入というのは、そのタイミングそのものが業務フロー改善のチャンスでもあります。つまり日々気づかない業務上のムダ・ムラを取り除くチャンスでもあるのです。

販売管理システム導入を契機に、自社の業務内容を棚卸して、販売管理システムのあるべき業務フローと比較をし、自社の業務フローを見直して全体最適での効率化を図ることを考えるべきでしょう。

特に従業員規模100名以下の機械工具商の場合、自社ごとにカスタマイズするよりも業界内で最適化された業務フローに基づく販売管理システムのフローに、逆に自社の業務フローを合わせた方が本当の意味での業務効率を果たすことができます。

機械工具商社向け 販売管理システム「業務革命」は、 機械工具商社が開発した機械工具商社のための販売管理システムであり、 25年にわたる業界内での経験が蓄積された販売管理システムです。

 

平均帰社21時を19時に2時間短縮!業務の残業ほぼ解消!本にも取り上げられ たK・マシン㈱(京都:機械工具商 従業員27名)で実際に運用されている 「業務革命」を、見学することができます。ぜひ一度、見学にお越しください。

 

見学希望・資料請求

機械工具商社経営ニュース 過去のバックナンバーはこちら

業種別・業界別 販売管理システム 業務革命
機械工具商社向け販売管理システム 業務革命 詳しくはこちらをクリック
Web誌上セミナー稼ぐ組織をつくる管理職の為のリーダーシップ学 船井総合研究所シニアコンサルタント片山和也氏による特別Web誌上セミナー

【第48回】チーム営業とは何か

>> 過去のセミナーはこちら


講師:船井総合研究所 片山和也氏
【機械工具商社経営研究会】
【無料お試し】参加はこちら!!

無料FAXニュース機械工具商経営ニュース購読のお申し込みはこちら


販売管理システム活用でお困りの方はこちら


 

ページトップへ