失敗しない販売管理システムの導入

商品在庫を削減し、適正な管理を行なう

機械工具商社は本来、薄く広い在庫を持ち、顧客である工場からの緊急対応に対してスピーディーな対応を行なっていくことが求められます。

しかし実際には、在庫管理がシステムだけで行なえないため倉庫管理者が必要となり、その結果コストアップにつながることから、在庫そのものを持たない流れになってきています。

機械工具商社向け 販売管理システム「業務革命」は、在庫管理に関する細かな商品マスター情報を登録することができ、手間をかけなくても倉庫管理者を設置したのと同様の管理を行なうことができます。

具体的なツールとしては「発注点」「適正発注量」「在庫品販売価格(自動値入機能)」が揃っており、在庫管理に関する日々のルーティンワークから開放されます。

また「適正在庫量」も設定することにより、これらツールとの併用された運用により不要な商品在庫を持たない仕組みをつくることができるのです。この「適正在庫量」を日々の売上処理に基づく情報から、自動的に設定する機能もついており、「適正在庫量」の見直しにかかる工数も最低限のものになります。

さらに「発注点」を下回った在庫商品については、自動的に複数の仕入先に自動送信FAXで発注書を送り、そうした意味でも不要な工数がかかることはありません。

平均帰社21時を19時に2時間短縮!業務の残業ほぼ解消!本にも取り上げられたK・マシン㈱(京都:機械工具商 従業員27名)で実際に運用されている 「業務革命」を、見学することができます。ぜひ一度、見学にお越しください。

 

見学希望・資料請求

機械工具商社経営ニュース 過去のバックナンバーはこちら

業種別・業界別 販売管理システム 業務革命
機械工具商社向け販売管理システム 業務革命 詳しくはこちらをクリック
Web誌上セミナー稼ぐ組織をつくる管理職の為のリーダーシップ学 船井総合研究所シニアコンサルタント片山和也氏による特別Web誌上セミナー

【第48回】チーム営業とは何か

>> 過去のセミナーはこちら


講師:船井総合研究所 片山和也氏
【機械工具商社経営研究会】
【無料お試し】参加はこちら!!

無料FAXニュース機械工具商経営ニュース購読のお申し込みはこちら


販売管理システム活用でお困りの方はこちら


 

ページトップへ