販売管理システム導入フロー

詳細仕様の決定

上記3.及び4.で抽出した課題を解決することを前提とした、詳細仕様を決定します。システムパッケージのスペック確認、及びカスタマイズ部分の仕様詳細を決定します。

この詳細仕様をもとに見積りを実施します。

見積書(制作仕様書)・導入工程表の取得

上記5.で決定したスペック及びカスタマイズ内容に基づき、見積書(制作仕様書)を取得します。

またシステムの導入スケジュール(導入から立ち上げ・運用開始まで)を明記した導入工程表を取得します。

システム導入の契約締結

正式なシステムの売買契約ということになります。

支払条件等も含めた販売条件を確定させ、 販売管理システム制作会社に対しての発注ということになります。

 

納入

ハード関係の持ち込みと配置、ユーティリティーとのつなぎ込み、LAN設定やサーバ設定を行います。

特にプリンタ等、既設機器との融合や親和性が重要なポイントとなります。

既存システムのデータ移行(商品・得意先・仕入先マスターの整備)

導入前のシステムで使用していたデータを、新システムに移行します。

既存システムからのデータコピーに加え、新たなデータを加えてコピーを行います。コピーする先を細かくチェックしながら慎重に行う必要があります。

一度データの移行を行った後、保守画面にてデータ登録を行う場合もあります。

機械工具商社経営ニュース 過去のバックナンバーはこちら

業種別・業界別 販売管理システム 業務革命
機械工具商社向け販売管理システム 業務革命 詳しくはこちらをクリック
Web誌上セミナー稼ぐ組織をつくる管理職の為のリーダーシップ学 船井総合研究所シニアコンサルタント片山和也氏による特別Web誌上セミナー

【第48回】チーム営業とは何か

>> 過去のセミナーはこちら


講師:船井総合研究所 片山和也氏
【機械工具商社経営研究会】
【無料お試し】参加はこちら!!

無料FAXニュース機械工具商経営ニュース購読のお申し込みはこちら


販売管理システム活用でお困りの方はこちら


 

ページトップへ